離婚を切り出すその前に弁護士へ相談

離婚手続きを進めるには事前準備が大切です。子供の養育費や親権のこと、財産分与のこと、あらかじめ弁護士に相談することで権利関係を整理し、離婚後の生活の見通しを立ててから相手に話を切り出すほうが交渉はスムーズに運びます。

一日も早く離婚したい一心で相手に離婚の意思を伝えたがために、相手が多額の財産をあなたの知らない口座に移して隠すケースもあります。まだ小さな子供を預けている保育園の先生に子供を渡さないようにお願いしていても、実の親の迎えを拒むことができず連れ去られてしまうケースもあります。

このようなことにならないためには、相手に離婚を告げるその前に、弁護士に相談をしてあなたの権利を守る手立てや、相手との交渉の仕方についてアドバイスを得ておくことが大きなアドバンテージとなるでしょう。

法律が絡む問題においては、相手の不正や自分の正当な権利を証拠立てて説明できる必要がありますので、専門家である弁護士をぜひ活用しましょう。

埼玉県越谷市に在住の場合は、例えば、離婚弁護士 越谷にご相談してみるのが良いでしょう。

離婚調停の弁護士報酬、タイムチャージ制のデメリット

離婚調停を弁護士に依頼する場合、タイムチャージ制で委任契約しないことをお勧めします。司法統計によると離婚が成立するまでの調停回数は3回以内で終わるケースが多いのですが、あくまでも統計ですので、場合によっては5~6回かそれ以上かかることもあります。調停が長引くほど弁護士費用が嵩みますし、時間がかかるにつれて弁護士との信頼関係にもひびが入りかねません。資金に余裕がある場合は別として、タイムチャージ制での契約は慎重に行いましょう。

弁護士費用は人によって様々ですので、必ず弁護士事務所のホームページを確認し、電話でも問い合わせておきましょう。特に報酬金に関しては、財産分与で得た経済的利益を計算に含めるか含めないかによっても大きく金額が変わってきますし、離婚調停への同行を依頼した場合に追加費用がかかるのかどうか、1回あたりいくらかかるのかなど、費用が発生するあらゆるケースを説明してもらった上で契約するようにしましょう。