離婚問題の解決事例-金銭を巡る弁護士相談

離婚問題は解決したように思えてもあとからトラブルが再燃することがあるので厄介です。弁護士を立てずに当事者間で無事に協議離婚が成立しても、後から一方が弁護士を立てて結婚期間中の相手方の不義や暴力を理由に、慰謝料を請求してきたり、財産分与を減額請求してきて揉めるケースが後を絶ちません。

相手が敢えて法に訴えてきたのであれば、こちらも法によって正当な権利を主張し、不当な請求は跳ね除けるべきです。

離婚問題に精通した弁護士に相談すると、裁判所に対してしっかりと依頼者の主張をして認めさせ、相手からの慰謝料請求を全面的に棄却する判決を得ることも可能です。

財産分与についても、総額5000万円の請求に対して3500万円相当の自宅を引き渡した上で相手から約400万円を受け取る形で和解が成立した事例があります。総額にして1000万円以上も請求額を抑えることができた事例です。弁護士費用を差し引いても、相談するべき事案だったと言えるでしょう。