離婚すれば貰えるとは限らない、慰謝料の仕組み

離婚すれば慰謝料が貰えると当たり前のように思っていませんか?実はそうではありません。離婚の慰謝料は、相手に不貞行為や暴力などの違法行為がなければ貰えません。つまり、単に夫の性格や生活態度に気に入らない点があったとしても、客観的に違法行為と認めるに足る理由がなければ、慰謝料請求の対象にはなりません。あくまで違法行為をはたらいた側が支払うのが慰謝料です。

例えば浮気が原因の場合、一般的には夫に非がある場合が多いと思いますが、もし妻が浮気していたのなら逆に夫から慰謝料請求される可能性があります。慰謝料の金額は話し合いの際の力関係で決まりますが、もし弁護士を立てて裁判に発展した場合は、軽く100万円は超えるでしょう。

できれば裁判所を利用することなく、夫婦間で話し合いが成立するほうが良いのですが、そもそも離婚を考えている当事者だけで話し合っても理性的に会話が成立するとは限りません。揉めることなく協議離婚を成立させるためには、弁護士など第三者の専門家の力を借りることが最善の道ではないでしょうか?